2012年1月1日(日・祭・白) 神の母聖マリア

 

 

お話:エルメル・ディマルクト 神父

 

第一朗読  民数記 6章22~27節

        「祭司による祝福」

 

第二朗読  ガラテアの信徒への手紙 4章4~7節

        「奴隷ではなく神の子である」

          

福音朗読  ルカによる福音書 2章16~21節

        「羊飼いと天使」

クリスマスリース2 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  

 

-Solemnity of Mary, mother of God -

 

今日から、新しい年が始まりますが 

これを機会に、終わったばかりの年を 振り返ってみましょう。

よい経験については 神に感謝し、おかしてしまった過ちについては 

それを認め、それを教訓として活かせるように 神の助けを願いましょう。

 

また、新しい年には 希望をもって臨みましょう。

それは、悪い事が起こりませんように という類の 消極的な希望ではなくて、

たとえどんなに苦しい状況になったとしても、神さまが 私たちを力づけ、

私たちと共に歩んでくださるのだ という 深い信仰を土台とした

希望を持ちましょう。

 

今日、教会は、マリアさまが 神の独り子の お母さまであることを 

お祝いします。福音には、

「マリアは これらのことをすべて心に納めておかれた」と あります。

 

リアさまは 理解できないようなことが起こっても、

そのために 心を悩まされることは なかったことが分かります。

 

シメオンの預言をお聞きになった時もそうでした。 

その時 マリアさまにとっては シメオンの預言は 分かりにくいものでした。

 

イエスを 神殿で見つけられた時に 聞かれたイエスの言葉も そうでした。

「わたしが自分の父の家にいるのは 

当たり前だということを 知らなかったのですか」と イエスに言われて、

両親には イエスの言葉の意味が 分からなかったのです。

 

そのようなことの 繰り返しが ひいては 

イエスの十字架のそばに お立ちになれるように 

マリアさまを 準備していたと 思われます。

 

マリアさまは ご自分に起こることを すべて理解できなかったでしょう。

でも、神さまに対する信頼は完全なものでした。

 

したがって、すべてを 心に納めておかれたということは、

ご自分で、その意味について 考えめぐらされたにしても、

それが理解の及ばないものであれば 

いつも共にいてくださる神さまに 全面の信頼をおいて、

すべてを おまかせした ということです。 

マリアさまの心は 神さまへ 開かれていたのです。


 

私たちの場合もマリアさまと同じく、生きていく上で 

さまざまな 理解し難いことが 起こります。

 

そして、頭の中には、 

「なぜ?」という 疑問が生じます。

 

私が大学生だった時に、ある先生が、

「私は、みんなが 疑問に思っていることの

答えを言うために ここにいるのではないし、

また、みんなの人生の意味を みつけてあげるために ここにいるのでもない。

人生の さまざまな神秘を 考えながら 

みんなと共に歩んでゆくだけである。」

と、言われたことを 思い出します。

 

この先生は、人生には数々の神秘、

いわゆる理解できないことがあることに 

私たちの目を 向けようとしてくださったのです。

 

それらのことは、私たちの理解を超えることだから、考えてもしかたがない という

消極的な態度を 勧めているわけではありません。

分からないことは 心に納めておき、

神が共に居てくださることを信頼して進む生き方を 

私たち学生に示してくださったのです。

 

これについては マリアさまが私たちのモデルです。 

理解に苦しむことであっても 神に信頼すること 

そして、神さまの望みとあれば、そのわけを問うことなく、

神さまの み旨を行なうことが どういうことであるかを

私たちはマリアさまから倣(なら)えるのです。

 

今年は 私たちも さまざまなことを心に納めて、反省し 

神さまとそのみ言葉にもっと信頼するようにいたしましょう。

 

みなさんの新年が祝福にみちた豊かなものでありますように。

 

みなさん、あらためて、新年おめでとうございます。


 

 

写真: クリスマスリースが飾られた 降誕節の カトリック伏見教会 聖堂

     

 

 

                                

 

                                       カトリック伏見教会