2012年 1月 15日 (日・主・緑) B年 年間第2主日

 

 

 

 お話: エルメル・ディマルクト神父

 

 

 


第1朗読 サムエル記上 3章3b~10、19節

      「サムエルへの主の呼びかけ」
 
第2朗読 コリントの信徒への手紙一 6章13c~15a、17~20節

      「聖霊の住まいである体」

福音朗読 ヨハネによる福音書 1章35~42節

      「最初の弟子たち」

 

 冬の空2

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  

 

  

 

 

 - Jn 1 35-42 -

 

 

「なにを求めているのか?」

 

神さまは なにごとにつけても、いつも先手を取られます。

 

いつでも、最初に ことを起こされるのです。

 

 

 

 

神さまは、私たちが 神さまを探して見つけるまで 待っておられるのではなくて、

 

ご自分、すなわち 神さまの方から 私たちに 会いに来られる方なのです。

 

 

 

聖アウグスティヌスは、神さまについて こう述べています。

 

 

「私たちが 探し求める 神さまは、

 

ご自分を隠し、私たちが 近寄ることを 許さないような方ではない。


私たちが見つける神さまは、

 

立って 私たちの到着を 

 

待っておられる方である」。

 

 

 

神さまは、私たちの 人生の途上で、必要ならば、

 

ご自分の方から 私たちの方に 歩いて来てくださいます。

 

 

 

 

イエスは二人の弟子に、私たちが生きていく上で、

 

最も 基本的な 質問を なさいました。

 

 

「何を求めているのか?」 

 

 

次に、彼らに、

 

「来なさい。そうすれば分かる」と 言われます。

 

 

 

 

二人の弟子たちに 問われたことを、

 

イエスは 私たちにも 問われるのです。

 

 

「何を 求めているのか?」

 

 

 

何を目的として 生きているのか? 

 

この人生から 何を得ようとしているのか?

 

 

  

人々は安全確保を第一とします。

 

 幸せに暮らし、明るい将来を実現するために

 

一生懸命働いて お金をためる人もいます。

 

成功し、有名になり、名誉を得ることや、

 

人気者になることを 求める人もいます。

  

平和と繁栄を 求める人もいます。

 

 

 

イエスさまは、私たちに、

 

「まず 神の国と その義(ぎ)を 求めよ」と 言われました。

 

 

 

父なる神さまは、

 

私たちが 何を必要としているかを ご存じなので

 

神の国を求めるならば、

 

他のすべての物は 与えられるから なのです。

 

 

 

 

私たちが 神さまと出会い、

 

イエスさまを見つけたら、

 

私たちに与えられている 

 

もう一つのチャレンジがあります。

 

 

 

それは、アンデレのようになることです。

 

人々をイエスのところへ連れてきて イエスに紹介することです。

 

 

  

今年、そして、

 

これから先、生きている限り、

 

私たちがもっと、

 

神さまの想いに 近づくことが できますように

 

祈りましょう。

 

 

 

野の花2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  

  

  

  

  

  

 

 

  

写真 : カトリック伏見教会 にて

 

上 ・・・ ひこうき雲が みえる 大空

 

下 ・・・ カトリック伏見教会 伝道館への路上に 咲いていた 野の花

「あかまんま (別名・いぬたで(たで科))」

 

(・・・この野草の、小さな粒のような赤紫の花穂をしごいて 

「お赤飯」に みたてて 子どもたちが 草遊びをしたことから 

この花の名の由来があると いわれています。・・・)

 

花言葉: 「あなたのために役立ちたい」「健康」「節操」

 

 

 

                                   (2011年11月撮影)

 

 

                                      カトリック伏見教会