「十二人を選ぶ」

  ムクゲ2   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

 

 お話:ランディー神父

 

 

MK 3 13-19 (マルコによる福音書 3章 13-19節) 

 

 

イエスは12人を選び、

彼らを 「使徒」と 名づけられました。

 

なんらかの資格とか、基準に 照らし合わせて 

彼らをお選びになったわけでは ありません。

 

この12人に 特別な学歴があるわけではなく、

社会的に名の知られた人が いるわけでもありません。

彼らは、どこにでもいる 普通の勤労者でした。

 

 

大切なことは、

彼らがイエスに従って、

イエスと共に居たことです。

 

イエスと共にいることによって、

彼らは、イエスが話される言葉から、

また、イエスの生き方から、

自然に、イエスの心を学びました。

 

 

そして、ついに、イエスの使命をおびて、

説教し、悪霊を追い出したりするために、

人々のところへ 派遣されるときが来ました。

 

 

イエスは12人を使徒とされましたが、

12という数字は、イスラエルの12部族、

すなわち、神に選ばれた民を表しており、

贖罪的、また歴史的な意味をもつ

象徴的な数字です。

 

イエスは、イエスと共に働き、

神の民に奉仕する人々を

必要とされています。

 

イエスは、

神の ぶどう園で 働くために 

私たちを お呼びになりました。

 

私たちには、欠点があり、

その力は 限られています。

したがって、失敗したり、

罪をおかしてしまいますが、

イエスは そのようなことは 気になさりません。

 

 

投資家が危険を覚悟で投資するように、

イエスは、危険を知りながら 

私たちを呼び、ある意味で、

私たちに賭けておられる と 

言っていいでしょう。

 

 

イエスが望んでおられるのは、

私たちが、全身全霊をもって、

イエスの使命を 果たしたいと 

決意する 心です。

 

 

イエスの呼びかけに、

「はい」と、答えましょう。

 

アーメン

 

 

 

 

写真: カトリック伏見教会の 近辺の疏水沿いに咲く 槿(ムクゲ)の花

 

 

   

                                       カトリック伏見教会