「神の子羊」

  マリアさまとゆりの花    

    

   

    

    

    

    

    

    

    

     

   

     

     

     

     

     

      

     

      

      

      

 

  

  

お話:ランディー神父

 

Jn.1:29-34 Jesus Baptism

(ヨハネによる福音書 1章 29-34節)

 

 

イエスは 洗礼のとき、

宣教とご自分の使命について、

目に見える形で、

父なる神さまから、油を注がれた 

と 言えます。

 

 

教父たちは、これについて、

「神の子が 聖霊によって 人間と連帯されたとき、

救い主としての 油を注がれた」 

と 書いています。

 

 

人間イエスの意識の中に、

そして、教会の教義の中に、

イエスの洗礼は消えない印(しるし)を残しました。

 

なぜなら、イエスの洗礼は、

三十年に及ぶ隠れた生活に 終止符を打ち、

イエスの公生活の始まりを 告げるものとなったからです。

  

 

四つの福音書は、いずれも、

ヨハネによるイエスの洗礼について

記述しています。

 

この時点において、

イエスは 救い主としての ご自分の召命を 

よりはっきりと 自覚されたことと 思われます。

 

誰が イエスに その召命を与えられたかは、明白です。

イエスは ご自分が 

御父なる神さまに 遣わされた者であること、

また聖霊によって、

救い主としての 油を注がれたことを 

知っていました。

 

それで、イエスは、ご自分の使命を理解し、

それがもたらす すべてのものを 引き受けられました。

そこに、イエスの洗礼と 私たちの洗礼の 類似点があります。

 

 

私たちも、洗礼を受けたとき、召命を受けました。

それは、イエスのことを広め、

イエスの福音を他の人々に知らせることでした。

この召命は 私たちが堅信の秘跡を受けたときに、

さらに明らかになりました。

 

 

イエスが御父の召命に 応えられたように、

私たちも自分が受けた召命に応え、

その使命を 果たさなければならないのです。

 

 

  

私たちは 自分の召命に忠実になり、

多くの人に、

神は、私たちを創造されただけではなく、

私たちを愛しておられ、

すべての人を救おうと、

そのみ手を差し伸べておられる ということを 

伝えることができますように、

祈りましょう。

  

マリアさまの足元に咲くゆりの花

    

     

  

     

     

     

     

     

     

    

    

  

  

 

写真:カトリック伏見教会の庭にて

上・「あわれみのマリア」像と マリアさまの足元に咲く 白ゆりの花

下 マリアさまの 足元に咲いていた 白ゆりの花

                         

 

 

                                 カトリック伏見教会