2011年6月アーカイブ

聖テレジアの聖像   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      「京都教区時報」 (カトリック京都司教区

      2011年7月号の「魅力ある教会って?」にて、

        カトリック伏見教会が紹介されました。>

 

「魅力ある教会って?」 伏見教会

・・・掲載文の、より詳しい内容(原文)を、ご紹介します。・・・

 

1.カトリック伏見教会は,2011年「献堂60周年」を迎えます。

 

 当小教区評議会では様々な記念行事や記念事業を予定しています。

 来る9月3日(土)には,大塚司教司式による「献堂60周年記念感謝ミサ」を行います。

 その後,教会の広い庭で「献堂60周年記念祝賀パーティー」も行う予定です。

 記念事業としては,ヴァイオリニスト川畠成道さんを招いての

 記念チャリティーコンサートの開催,60周年記念誌の発刊,等が予定されています。 

 これらは,各活動部が分担しながら,教会の信徒全員の手で準備しているところです。

 おかげで,教会全体が徐々に活気づいてきています。

 

 

2.教会活動や教会生活を,より明るく楽しいものにするために

 

昨年2010年度,伏見教会は,新しい教会づくりへ大きな前進を遂げました。

まず,小教区評議会規約に掲げてありながら未実行のままであった,

「各活動部会の業務分掌は,別に定めて公示する」ということに取り組みました。

このところだんだんと教会の仕事や役割の分担が曖昧になり,

主日のミサの参加者も減少気味で,一部の人に負担がかかるようにもなっていました。

 

そこでこの取り組みを,「分かち合い」や「各活動部会」「評議会」などの機会を大切にして,

信徒全体でアイデアや意見や希望を出し合って創り上げていくボトムアップ型の方法で

できないかと考え,司祭団の指導も仰ぎながら進めていきました。

 

 この過程は,なかなか大変な作業でしたが,信徒一人一人が感じていた

「現在の当教会が抱えている課題」が 浮き彫りになり,

滞りがちな「病床訪問」や「滞日外国人との交流」という直面している事象に対して,

業務分掌の見直しや活動部の新設が検討されました。

 

そして,迎えた2011年度は,「典礼」「教育」「広報」「施設管理」「社会活動」「財務」に加えて

新設の「行事企画」「国際協力」の8部会でスタートしました。

 

それぞれが明文化され公示された業務分掌を意識して,

責任を持って担当し始め,参加者も増えて教会活動が活性化の方向に動き出しています。


 

3.やさしい教会,開かれた教会づくり 聖テレジアの生き方に倣って

 

伏見教会の守護聖人は「幼きイエスの聖テレジア」で,

教会名は「小さき花のカトリック伏見教会」とされています。

 

 昨年10月,「聖テレジア祭」を十数年ぶりに行いました。

聖テレジアを記念したミサを行い,ミサ後は聖テレジアの足跡をたどるビデオを鑑賞。

最後に「聖テレジアの祈り」を捧げました。後の茶話会では,信徒やシスター方が,

「久しぶりに聖テレジアの生き方を信仰的に振り返ることができ,大変うれしかった」と

異口同音に話しておられました。


また,今年の3月,懸案だった「カトリック伏見教会公式ホームページ」を、開設しました。

まだまだ,内容はこれから充実させていかねばなりませんが,

まずは初めて教会に訪れる人を対象に,必要な情報から公開を始めています。

「小さき花の聖テレジア」のやさしい微笑みに出会えるようなホームページを目指しています。

一度訪れてみてください。(ホームページアドレス: www.catholic-fushimi-kyoto.jp )

 

4.共に歩んできた歴史を大切に

 

伏見教会には,信仰に基づいて活動を進めている「共助組合」と「ボーイスカウト」があります。

それぞれ45年,59年という歴史があり,教会の歩みと共に,時を刻んできたのです。

 

また,今まで大切に取り組んできた活動がありました。

夏の「納涼ガーデンパーティー」や大掃除のあとにいただく「カレーライス」。

それぞれ信徒同士の親睦を深める上では大変大きな役割を果たしてきました。

しばらくは,どちらも中断していましたが,それも再開させました。

おかげさまで,信徒同士の親睦や交流は深まってきました。

 

新しい教会づくりといえども,今まで大切に取り組んできた活動は,

教会の特色の一つであるのだから,大切にして続けていかねばならないと,実感しました。

 

5.「信仰」に生きる教会

 

教会は,自己実現の場ではないことを忘れずに進めています。

私たちは神と出会うために教会に集っています。

神に仕えるというスタンスで,教会活動を進めていきたいと考えます。

 

主は言われた。『あなたがたが私を選んだのではなく,私があなたがたを選んだのだ。』

                                     (ヨハネ15.16)

      

 

                             カトリック伏見教会 役員 ・ 広報部 一同

                                     (文・役員 / 写真・広報部)

聖堂の聖テレジア

 

 

 

 

 

 

 

 

 2011年6月2日の記事に詳細を追記

          今年9月、カトリック伏見教会は、献堂60周年を迎えます。

聖櫃 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 <献堂60周年記念行事・事業>

・ 献堂60周年記念感謝のミサ

2011年9月3日(土) 午前11:00~ 司式:パウロ大塚喜直 司教

 

・ 献堂60周年記念祝賀パーティー 

2011年9月3日(土) ミサ後 午後12:30~午後2:30

 

・ 献堂60周年記念チャリティーコンサート

 2011年9月18日(日) 午後3:30開場 午後4:00開演

出演・川畠成道(ヴァイオリン) ・ 宮本聖子(ピアノ)(決定)

チケット料金 一般 2、000円  中・高生 1、000円 小学生以下無料。

◎ このチケットの収益は、カリタスジャパンを通じて、

「東日本大震災被災地」へ届けられます。

・ 献堂60周年記念事業・聖堂内一部修繕等

聖堂東面(香部屋)木枠窓の修繕(写真1写真2)、聖堂内照明の改修、

移動式(二つ折り)スロープの新規製作、設置 

(施設管理部関連の事業・復活祭前に完了)

 

・ 献堂60周年記念誌の発行

 9月3日発行予定

 

 カトリック伏見教会公式ホームページ 内でも、

 「献堂60周年記念行事・事業」についての、特集ページを設けています。

 http://www.catholic-fushimi-kyoto.jp

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                                                      

<7月24日(日)2011年度 洛東ブロック司教訪問>

・ 7月24日(日)2011年度 洛東ブロック司教訪問があります。

  パウロ大塚喜直 京都司教

 

   場所:カトリック伏見教会

      午後1時から ブロック合同ミサ 司式:大塚司教

   ※ この日は、午前9時からのミサは行いません。

  ミサ後、司教講話、分かち合い、全体会議

 

 <洛東ブロック 司教訪問での分かち合いの質問(pdf)>

  洛東ブロック 分かち合いの質問は9番で準備しておいてください。

 

9.あなたの信仰は人生の物語となっていますか?

 【8.信仰の「統合的」センス】

①あなたは、信仰によって、自分の生活に意味を、

人生に目的を、世界の歴史に方向付けを見出していますか。

②あなたは、神に愛され生かされているという、

信仰によるアイデンティティーを持っていますか。

③あなたは、人生でキリストのうちに見出す

「解放と自由」という体験がありますか。

④あなたは、生きる希望の根拠に、

死からの解放という神の「約束」を置いていますか。

⑤死を迎える時で、落胆することなく、

自分を穏やかに委ねる覚悟を備えていますか。

 

(参照:2011年 ブロック司教訪問カトリック京都司教区 

「信仰 パート1~キリストのいのちに生かされていますか」(pdf)

2011年司教年頭書簡)

 

 

7月10日(日)司教訪問を控えて,大掃除を行います。

昼食は行事企画部特製のカレーライスを用意します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・               

 

 <今年8月にWYD(ワールドユースデー)マドリード大会>

  今年8月にWYDマドリード大会

  当教会共同体から1名(求道者)が参加します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

ロベリア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エルメル神父の作ったお庭   

    

   

   

 

 

 

    

    

      

  

  

   

   

   

 

   

 

 

 写真 記事 上:カトリック伏見教会 聖堂 祭壇中央 ご聖櫃

        中:伏見教会の庭から ・・・ 雨上がりの朝に咲く、ブルーの「ロベリア」

          (和名:「るりちょうちょう(瑠璃蝶々)」、英名「Lobelia」、キキョウ科)

        下:伏見教会の庭から ・・・ 最近、司祭館東側に、新しく生まれた、手作りの庭です。

                    この庭のアイデアを考えた、エルメル・ディマルクト 神父自身が、

         少しずつ、石を運び、土を入れ、信徒とともに、作りました。

         ハーブ&ベジタブル・ガーデンと、なっています。

         ちなみに、春に植えたブロッコリーは、エルメル神父の食卓に上りました♪

         神さまと教会のみんなの慈愛に包まれて、庭の野菜も、日々、元気に成長中です!

 

十字架  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <7月24日(日)2011年度 洛東ブロック司教訪問>

 

・・・お蔭様で、無事、終了いたしました。ありがとうございます。・・・

 

 尚、このミサでの大塚喜直司教のお説教は、

カトリック伏見教会 神父のおはなし」にて、掲載しております。

ぜひ、ご覧くださいませ。(2011年7月25日追記/HP管理委員会)

 

                              カトリック伏見教会

 

 

  パウロ大塚喜直 京都司教

   場所:カトリック伏見教会

      午後1時から ブロック合同ミサ 司式:大塚司教

   ※ この日は、午前9時からのミサは行いません。

  ミサ後、司教講話、分かち合い、全体会議

 

 <洛東ブロック 司教訪問での分かち合いの質問(pdf)>

  洛東ブロック 分かち合いの質問は9番で準備しておいてください。

 

9.あなたの信仰は人生の物語となっていますか?

 【8.信仰の「統合的」センス】

①あなたは、信仰によって、自分の生活に意味を、

人生に目的を、世界の歴史に方向付けを見出していますか。

②あなたは、神に愛され生かされているという、

信仰によるアイデンティティーを持っていますか。

③あなたは、人生でキリストのうちに見出す

「解放と自由」という体験がありますか。

④あなたは、生きる希望の根拠に、

死からの解放という神の「約束」を置いていますか。

⑤死を迎える時で、落胆することなく、

自分を穏やかに委ねる覚悟を備えていますか。

 

(参照:2011年 ブロック司教訪問カトリック京都司教区 

「信仰 パート1~キリストのいのちに生かされていますか」(pdf)

2011年司教年頭書簡)

 

 

・ 7月10日(日)司教訪問を控えて、大掃除を行います。

  昼食は、行事企画部 特製の、カレーライスを用意します。

 

うつぎの花 

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

写真 記事 上:カトリック伏見教会 聖堂にて ・・・

         行列の際に先頭の待者が持つ十字架

 

       記事 下:カトリック伏見教会の庭から ・・・

         「うつぎ(空木)」、別名:「うのはな(卯の花)」、アジサイ科。

         茎が中空のため、空木(うつぎ)と呼ばれるそうです。

         卯月(旧暦4月)に咲くことから、「卯の花(うのはな)」の名もあります。

         伏見教会の聖像「聖心のキリスト」の、背面・右後ろにある花木です。

         2011年5月中旬撮影。

わすれなぐさ   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  

 

 

  

  2011年6月2日

<「カトリック伏見教会からのお知らせ」ブログを開設しました。>

教会の「今」の動きを、お知らせいたします。

共に歩む信徒のみなさまにとって、

教会のさまざまな活動について、

よりいっそうお互いの理解を

深めあえる場のひとつとなれば、幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<合同堅信式のお知らせ>

6月12日に教区(南部地区)合同堅信式があります。

当教会からは中1、中2の5名と成人1名が堅信の秘跡に与ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真 記事 上:わすれなぐさ(2011年6月上旬撮影)